おすすめスキンケア

Posts filed under おすすめスキンケア

精製水

Filed in おすすめスキンケア

美容に敏感な人たちの間では、日頃のケアに「精製水」を使用するのはもはや常識となっているようです。
精製水は、本来コンタクトレンズの洗浄や保管などに使われますが、髪や肌のお手入れにもとてもよい効果があります。

精製水はその性質から粒子が非常に小さく、肌に浸透しやすいという特徴があります。
精製水で潤わせることで肌の状態がよくなり、その後のスキンケアの浸透が高まるというのもポイントです。

具体的な使用方法としては、洗顔後精製水をコットンにたっぷりと含ませて拭き取りを行います。
こうすることで肌についている水道水のカルキを除去することができ、拭きとった瞬間から肌がすべすべになるのを実感できるはずです。
ちなみに水道水の消毒のために用いられているカルキは、コスメのもっている効果を最大限に活かすことができないほか、肌に必要なタンパク質を壊してしまうため、あまりよくないとされています。

化粧水をシートに染み込ませ、シートパックを行うことがあるかと思いますが、このとき市販の化粧水を少し精製水で希釈すると、化粧品のコスパが上がります。
そしてもちろん肌はすべすべになるので一石二鳥です。
ただし、シートが乾燥するまで乗せてしまうと、肌に入った水分が今度はまたシートに戻ろうとして、結果乾燥してしまうということになりかねませんので、シートに水分が残っているうちにはずしてください。

そのほか、小さなスプレー容器に入れて持ち歩き、冬場乾燥している季節には、気軽にスプレーして保湿するという方法もあります。
そのほか、スチーマーに入れる水を水道水ではなく精製水にしたり、顔だけでなくボディの拭き取りにも精製水を使うのはおすすめです。

精製水は髪に使用することも可能です。
シャンプー後の濡れた髪に、直接精製水をかけると、指通りのよいふんわりとした髪になります。
もしくはスプレー容器に移した精製水を乾いた髪に吹きつけて、寝ぐせ直しに使うというのもいいですね。
ただし、もともと髪にコシがない人は、髪のふんわり感が助長されていまい、ぽわぽわしてしまうという方もいらっしゃるようです。

精製水はドラッグストアで100円前後で販売されており、売り出しの時は50円くらいで購入できることも。
1本でかなり長い間使用できますが、開封後はできるだけ早く使いきったほうがよいので、1、2週間をめどにして、残った精製水は髪を流すときにしようするなどして使い切るようにするとよいでしょう。

ミョウバン水

Filed in おすすめスキンケア

「ミョウバン」は、料理などにもよく用いられている粉状のもの。
ナスのお漬物などの発色をよくしたり、製麺するときのかん水として活用されています。
このミョウバンがボディケアや美肌ケアにも大きな効果を発揮してくれるということをご存知でしょうか?

具体的な効果としては、体臭の予防改善、ニキビの改善などが期待できます。
汗をかいたあとに体が臭ってしまうのは、汗の中で雑菌が繁殖するから。
ミョウバンは殺菌効果が高いので、この雑菌の繁殖を防いでくれるのです。

ニキビにおいても、毛穴の中で雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまうという原因が多いので、殺菌効果が高いミョウバンを使用して、ニキビの予防改善をすることができます。
雑菌の繁殖は、皮膚の炎症を起こしてしまう原因のひとつになりますので、ぜひ抑えたいものですね。

わきの下の汗による匂いの予防や除去をするには、8倍から10倍に薄めたミョウバン水をコットンにつけて拭き取ったり、小さなスプレー容器に入れ替えて、デオドラントスプレー感覚で吹付けます。
一定の時間を超えると効果が薄れていきますので、持ち歩いて気づいたときに使用できるようにしておくとよいでしょう。
外出先では、スプレーすると衣服が濡れてしまうこともあるので、ティッシュなどに含ませで拭き取ることをおすすめします。

ニキビのケアにも、同じくらいの割合だ薄めたミョウバン水を拭き取り化粧水のように使用したり、クリームにミョウバンを混ぜたものを塗ってケアをするなどをします。
毎日使い続けることで、少しずつニキビの数が減ってくることを実感できるようです。

アロマテラピーを用いた手づくりコスメをつくるときに、ミョウバンを少量加えるというのもおすすめです。
化粧水やクリームなどに少量含ませておくことで、ニキビの予防ができたり、肌荒れを防げます。
足の臭いが気になるという人は、消臭効果のあるエッセンシャルオイルで消臭スプレーをつくり、そこにミョウバンを混ぜておくとさらに効果が高まるようです。

ミョウバンを使用するときの注意としては、高い効果を期待したいからといって使い過ぎないこと。
濃度の高いミョウバン水だと、肌が負けてしまう可能性があります。
ミョウバン水は小さな子や赤ちゃんなどにも使用することができますが、子どもは大人よりも肌が敏感ですので、より薄めに希釈して使用してください。
掃除や消臭、水虫などにも効果がある、汎用性の高い「ミョウバン」。
ドラッグストアで安価で購入できるので、ぜひ試してみてくださいね。

毎日できるスキンケア

Filed in おすすめスキンケア

スキンケアは毎日欠かさず行うこと、そして継続することでその効果を発揮します。
効果なコスメを使うことでも高い効果が期待できますが、高いコスメを使用していてもメイクをしたまま眠ってしまったり、正しい使用法を取り入れずにケアをするよりは、安価な化粧品で、かつシンプルなラインでも毎日きちんとお手入れをしているほうが、肌の状態は格段とよくなります。

毎日のスキンケアはできるだけ商品にこだわって、続けられる方法を選ぶことが大切です。
商品にこだわるといっても、前述したように高価なコスメを使わなければならないということではありません。
使用している成分をきちんと確認し、肌に悪いと思われるものが入っているコスメはできるだけ避けるように心がけましょう。

「肌に使うもので、肌に悪いものが入っているなんてありえない」と考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、化粧品に配合されている添加物は肌によくない影響を与える可能性があるほか、発がん性物質が含まれている可能性もありますので注意が必要です。

避けたほうがよい成分のひとつとして、「硫酸塩」があります。
硫酸塩は以前から危険な成分として知られています。
特にシャンプーに使われているラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムは、刺激が強く毒性の高い界面活性剤なので、今はこれらの成分を使用しないシャンプーが増えているようです。

洗顔料でもこうした硫酸塩系の成分が使用されていることはままありますので、商品を購入するときは裏側の成分表示を見て、こうしたものが使われているときは購入を避けるようにしましょう。

また、敏感肌の方は、アルコールフリーのコスメを使用されることをおすすめします。
アルコールが含まれている製品は刺激が強く、また肌に必要な油脂も飛ばしてしまう可能性があるため、余計な皮脂の分泌が高まってしまい、結果肌荒れやニキビの原因となってしまいます。

シンプルケアの場合、洗顔後は化粧水をつけて、乳液をつけて終わり。というケアをしている人も多いですね。
もちろんこういったケアで肌をよい状態に保てるのであれは問題ないのですが、より肌に弾力や潤いを与えたい、というときには、美容液を使うのもおすすめです。

美容液には、化粧水や乳液にはない肌の栄養成分がたっぷり含まれています。
美白効果のあるものや、アンチエイジング効果のあるものなど製品によってその効果は異なりますので、ご自身が目指したい肌に導いてくれる美容液を選ぶとよいでしょう。

氷スキンケア

Filed in おすすめスキンケア

今をときめく「美魔女」の代表ともいえる方が、氷を使ってスキンケアをしているということが話題になってから、氷ケアに取り組む人が増えているそうです。

氷ケアのメリットは、毛穴が引き締められたり、それと同時に肌も引き締まって、たるみを予防、改善できること。
冬でも、洗顔後は冷水でしっかりとすすぐことで美肌につながるといわれていますが、氷水だったらより効果が高まりそうですよね。
また氷水をあてることで肌の新陳代謝が高まり、血行がよくなってくすみなどが改善するという効果もあります。

具体的な氷ケアの方法はいくつかありますが、まずは氷マッサージ。
ホットタオルを顔にあてて、肌をリラックスさせたら、大きめにつくった氷を顔にすべらせてマッサージします。
開いた毛穴が引き締まり、肌の代謝が上がって前述した効果が期待できます。

そのほか、氷嚢を顔にあてて肌をひきしめるというのもおすすめ。
保冷剤も活用できます。
氷嚢や保冷剤は氷のように溶け出さないので、水に濡れず使いやすいです。

氷水で洗顔するというほうほうは、たくさんの美容オタクの方が行っているケア方法。
基本的な洗顔はぬるま湯で行うことが、毛穴の汚れをきれいに落とすポイントなので、ぬるま湯で行います。
その後、洗面器にたっぷりの氷水をはって、何度も繰り返しすすぐのです。
肌がきゅっとひきしまり、毎日続けることでたるみ知らずの肌に。

このように、氷ケアはいろいろな方法がありますので、ケア方法に合わせて数種類の氷をつくっておくとよいでしょう。
氷を肌にちょくせつあてる氷マッサージに使用する氷は、角がないなめらかな氷のほうが肌にあたったときの感触がよいので、丸い容器に入れてつくるとよいでしょう。
小さい氷だとすぐに溶けてしまいますので、大きめの容器でつくるのもポイント。

氷水洗顔で使用する氷においては、自動製氷機でつくれるような小さめの氷がおすすめです。
氷が大きいと洗面器から水をすくい出すときに邪魔になってしまいます。
1回で結構な量を使いますので、自動製氷機ついている冷蔵庫があると便利です。
ケーキなどを購入したときについてくる保冷剤も捨てずにとっておき、氷ケアに活用しましょう。

氷洗顔はほとんどお金をかけずに効果が期待できる、おすすめのケア方法。
自宅でできるのはもちろんのこと、旅先などでも実行しやすいので、毎日続けやすいというメリットもあります。
冬場はちょっと寒いですが、より効果が高まりますので、頑張って続けてみてくださいね。

食べ物で美白になる

Filed in おすすめスキンケア

日焼けしてしまったり、ホワイトニングを意識したいというときには美白用化粧水を使う人が多いかと思いますが、わざわざ高いコスメを購入しなくても、美肌効果のある食材でスペシャルケアをすることで、白い肌を手に入れることができます。

例えば、普段の洗顔に意外なものを加えることで、美白効果が格段にアップするということをご存知でしょうか。
その食材とは、なんと「牛乳」なんです。
いつも使っている洗顔料に、少量のベビーパウダーと混ぜて普段通り洗顔します。
その後、牛乳とベビーパウダーを混ぜてヨーグルトくらいの硬さにしたものを顔に塗ってパックし、10分おいたら洗い流します。
この洗顔を続けることで、ホワイトニング効果が期待できるそうです。

また、食材を用いた手作り化粧水も、美白効果が高いということで定評があります。
ひとつはレモン化粧水で、作り方はとても簡単です。
焼酎とレモン、グリセリンを混ぜるだけでできてしまいます。
どれも添加物を使用していないので安心して使えますし、なんといっても安価なのがポイント。
毎日バシャバシャと気兼ねなく使えるのはうれしいですね。

梅干し化粧水も人気です。
梅干しと日本酒を合わせるだけという超簡単レシピですが、肌がすべすべになるし、美白効果も高いのだそうです。
さっぱりした使用感なので、夏におすすめ。

食べ物を使用した美白パックのレシピもいくつかご紹介したいと思います。
有名なのがヨーグルトパック。
著名人も愛用していることで知られているこのパックは、ヨーグルトとはちみつ、小麦粉を混ぜたもので顔をパックします。
顔色がワントーン明るくなり、しっとりすべすべのお肌になれるそうですよ。

緑茶パックは、粉状の緑茶とコラーゲンパウダー、精製水を混ぜたものでパックをします。
緑茶にはビタミンCが豊富なので、美白効果が高いのもうなずけますね。
このビタミンCですが、前述した食材のレモンや梅干しなどにもたくさん含まれています。
これらの食材をつけたまま日光にあたると、逆に日焼けしやすくなてしまいますので、こうした手づくりコスメを使用した後に外出するときは、UVケアをするのを忘れないようにしてください。

ほかにも美白効果のある食材として、きゅうりや酒粕、米ぬかなどがあります。
これらの食材でパックをすることで、肌がワントーン明るくなり、続けることでどんどん美白効果が高まりますので、ぜひ日常的に取り入れてみましょう。
敏感肌の方も安心して使えるのもポイントです。

ニベアの青缶

Filed in おすすめスキンケア

お安いながらも美肌効果が非常に高いアイテムとして、「ニベアの青缶」が少し前から話題となっています。
これまで、一般的にニベアの青缶は手足のケアなど、ボディの保湿として多く用いられてきましたが、某有名コスメメーカーのヒットアイテムであるクリームと使用成分が酷似していることから、今はスキンケアにも多用に用いられているそうです。

主な効果はやはり保湿になりますが、ただ肌が潤うだけではなく、もちもちになる、すべすべになるなどの美肌効果の口コミがとても多く、またニキビやシワなどの改善にも効果があるそうです。
安価でたっぷり使えますし、汎用性があるので、今は一家にひとつはあるほどの超人気商品。
ドラッグストアなどでてがるに購入できる点もうれしいですね。

ニベア青缶のよい点として、地肌が健康になってくるという点があります。
メイクの前につけすぎるとメイク崩れしやすくなるので注意が必要ですが、スキンケアに使い続けることで化粧のりのよい肌になっていくそうです。
寝る前にたっぷりつけて寝ると、翌日はしっとりもちもちの肌に。

またニキビにも効果があるとのことで、生理前などホルモンバランスが乱れるときにできる大人ニキビにつけていると、ニキビが落ち着いていきます。
オイリー肌の人は、ニベアを塗ることで油分が強すぎてしまうということもあるようですが、乾燥肌から肌が過剰に皮脂を分泌しているということもあり、そういった方の場合は、ニベアを使うことで肌の状態が安定していくのだとか。

ニベアを使用したスキンケアは、化粧水をつけた後にニベアを塗るだけというシンプルな方法をとられている方が多いです。
たっぷりの化粧水で肌に水分を補ったら、ニベアもたっぷりとつけ、手のひらで覆うようにして肌の奥まで浸透させていきます。
このときに、化粧水とニベアが融合する瞬間があるそうで、そのときまでしっかりと浸透させるのがポイント。
シンプルケアも丁寧に行うことで、より高い効果を発揮します。

ニベアの青缶はリップケアにもおすすめです。
唇にたっぷりと塗ってその上からラップで多い、唇をしっかりと保湿すると、ぷるぷるになります。
唇は意外と紫外線の影響を受けやすかったり、乾燥しやすいパーツなので、こうして定期的にケアを続けることでしっとりリップを維持できますので、ぜひ試してみてください。
芸能人の利用者も多いというニベアの青缶、まだ使ったことがないという方は、今すぐドラッグストアに駆け込みましょう。