UVカットグッズ特集

Posts filed under UVカットグッズ特集

手袋

Filed in UVカットグッズ特集

真夏などの紫外線の強い季節には、UVケアはかなり多方面から行う必要があります。
しっかりと日焼け止めを塗っていても、その効果は3時間くらいだといわれていますので、こまめにつけ直す時間が取れない方は、ほかのアイテムでカバーしなければなりません。

またそのときに受けた紫外線の量はさほどではなかったとしても、毎日一定量を浴び続けることで色素沈着を起こしたり、肌にどんどん吸い込まれていってしまいますので、微量の紫外線もできるだけカットすつ必要があるのです。
そんなときに活躍してくれるのが、「日焼け用の手袋」。

車の運転をするときに、日焼けをしないように着用するいやけど目手袋がありますよね。
肘くらいのところまでカバーすることができる薄手のものです。
これは、車を運転するときだけではなく、自転車に乗るときや歩いて移動するときにも大活躍してくれます。

腕はおそらく顔と同じくらい紫外線が強い部分になり、かつUVケアを怠りがちなところ。
顔にはしっかりと日焼け止めを塗っても、腕は忘れてしまうことが多いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
顔につける日焼け止めは全身の中でも少しお高めのものになりますので、腕に使うのはもったいない、けれど顔に塗ってからまた別の日焼け止めを腕などのボディに塗るのは面倒、ということからつい塗り忘れてしまう方が多いようです。

手袋を着用する場合でも、できれば日焼け止めは塗っておいたほうがよいのですが、塗っていないときでもこの日焼け止め用手袋をつけるのとつけないのとでは、紫外線予防効果がまるで変わってきます。
素材にUVカット成分を取り入れているものもありますので、購入時にはそういったものを選ぶのがベスト・

手袋の種類はかなりたくさんありますが、お手頃なものだと100円ショップでも販売されていますので、まずはそういったものから試してみてはいかがでしょう。
薄手なのでバッグの中にも手軽に収納することができ、かつ取り出しやすいので、最初は意識的に使用して、一度習慣にしてしまえばさほど苦労することなく使用を継続することができます。

夏は汗をかきやすいので、洗い替えに数枚用意して、ローテーションで使うというのもいいですね。
また忘れてしまったときのために、バッグに1枚常備しておけば完璧。
バッグに常備しておくときも、さほど場所をとらないので邪魔になりません。
こうした手軽なアイテムを上手に活用して、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

サングラス

Filed in UVカットグッズ特集

日焼けアイテムとして、サングラスは欠かせない存在ですよね。
数年前までは、サングラスをかけるのはちょっと恥ずかしい、という方も多かったようですが、今はファッションとしてとても浸透していますので、一般の方でも恥ずかしく感じることなくサングラスを使用することができます。

サングラスは、目の周りの皮膚が薄く、シミができやすい部分をカバーしてくれるので、車の運転や外を歩くときには大活躍してくれます。
ここでUV対策としてサングラスを購入するときのポイントをご紹介しましょう。
それは「できるだけ大ぶりのものを購入すること」です。

サングラスは当然ながら大きいほうがカバーしてくれる部分も広くなりますので、大ぶりのものを選ぶこと。
幸い今は大ぶりのサングラスが流行していますので、気軽に使うことができますね。
またUVカットの素材を使用してつくられたサングラスを選ぶこともマストです。
最近はそういったタイプのものが多いかと思いますが、きちんと確認してから購入するようにしましょう。

人によっては、肌が敏感なので日焼け止めクリームなどを塗れないため、サングラスと日傘のみでUV対策をしているという方も多くいらっしゃいます。
それでもほとんど日焼けすることなく過ごせていらっしゃるようですので、日傘はもちろん、サングラスもとても効果のあるアイテムということなのでしょう。

サングラスは、シチュエーションに合わせて3つくらい持っているとおしゃれの幅が広がります。
スポーティーなもの、おしゃれカジュアルなもの、少しきちんとしたファッションでも使えるものと3種類用意しておくと、ファッションとミスマッチなので使えないということがありません。

ブランドのサングラスは数万円するものも多いですが、ノンブランドのものであれば、1つ1,000円くらいで購入できるものも多いです。
「そういうのはおしゃれじゃないから」と思うなかれ。
意外と芸能人でも1,000円のサングラスを愛用している人は多いんですよ。
バラエティショップなどで探すとおしゃれなものもいろいろありますので、ぜひ好みのものを見つけてみましょう。

サングラスは通年通してUV対策に活躍してくれますので、玄関先においてさっとすぐに使えるようにしておくのがポイント。
日傘も玄関の取り出しやすいところに置いておき、シーズン通して使うようにしてください。
温暖化で冬場の紫外線もかなり強くなってきていますので、UV対策は1年を通じて行うと覚えておきましょう。

日傘

Filed in UVカットグッズ特集

UVケアコスメは本当にたくさんありますが、日焼け止めをしっかり塗っていても、それだけだとやっぱり日焼けしてしまう、という方も多いのではないでしょうか。
そこでおすすめなのが「日傘」です。
日焼けどめと併用することで、より紫外線を防ぐことができますので、今まで使用したことがないという方は、ぜひ取り入れてみましょう。

日焼け止めを塗っていなくても、日傘をさしているだけで十分日焼けを防ぐことができた、という方もいらっしゃいます。
最近の日傘はとても高性能で、傘自体にUV効果があるものがあるので、より高い紫外線の予防効果が期待できるんです。
デザインもとても豊富で、おしゃれなものがたくさん販売されていますし、どんどんコンパクトになってきていて、バッグの中に入れておいても邪魔にならないので持ち歩くのも苦になりません。

そして最近の日傘は、日傘としての用途だけでなく、雨が降ったときにも使えるものがありますので、一石二鳥。
紫外線予防だけでなく、急な雨にも対応できるとなれば、これは使わない手はありません。

日傘は基本的に明るい色のものが多いですが、実際に紫外線を予防するには、ブラックのほうが効果があるといわれています。
白は紫外線を跳ね返すので、ある意味予防効果は高いのですが、跳ね返った紫外線が自分の肌を照らしてしまうと意味が無い、という説もあるようです。
その点ブラックは紫外線を吸収するので、普段のファッションもブラックにすることで、日焼け効果が高まるのだとか。

通常の折り畳み傘として使用するのであれば、白系のカラーよりもダークなカラーのほうが汚れが目立ちにくいので、購入するときはブラックを選ぶのもよいかと思います。
もちろん、選ぶ色味はお好みでOKなので、白だからダメ、ということではありません。
気に入った色やデザインのものを選んでくださいね。

日傘をさすときに気をつけたいのが、「さすことを忘れないようにすること」。
つい面倒になってバッグから傘を出さなかったり、持っていくのを忘れてしまうということがありますので、できるだけ意識して日常的に使う習慣をつけることが大切です。

日傘は紫外線を予防してくれるのはもちろん、熱中症対策にも効果がありますので、真夏にはぜひ積極的に利用したいアイテム。
以前は日傘というとマダムが使用しているイメージがありましたが、今は若い方もたくさん使っているので、気後れすることなく安心して気軽に使うことができます。
シーズンが近づいてくるとたくさんの商品が店頭に並びますので、ぜひチェックしてみては。

子供用日焼け止め

Filed in UVカットグッズ特集

今の日本は、昔よりもかなり紫外線が強くなったといわれています。
そのため、大人はもちろん真夏には子どもの日焼け対策も意識する必要があります。

幸い、最近は子どものスキンケアグッズがとても充実していて、無添加のものや、オーガニック成分でつくられた製品がたくさんあります。
こうしたものを活用して、お子さんの日焼け止め対策を行うことで、大人になってからシミやそばかすがたくさんできてしまうのを防ぐことができるんです。

日焼け止めは、それ自体が肌に負担をかけやすいアイテム。
SPFが強くなればなるほど、日焼け止めの効果は高まりますが、肌への負担も高くなります。
そのため、成分は限りなく安心して使用することができるものを選んだほうがよいようです。

また、日焼け止めは基本的に洗顔では落ちにくく、クレンジングを必要とするものが多いです。
けれどお子さんは日焼け止めを塗っても、クレンジングで落とすということはなかなかできませんよね。
子供用の日焼け止めは、クレンジングをしなくても洗顔で落とせるものがありますので、お子さんに使う場合には子供用を用意するということには、こうした理由もあります。

そんな子供用の日焼け止め、実は大人でも活用できます。
子供用の日焼け止めはアレルギーの子や敏感肌の子にも安心して使えるようにつくられていますので、肌が敏感な大人の女性にも向いているのです。

そして、前述したようにクレンジングではなく石鹸で洗い流すこともできるので、落とすのもとても簡単。
子供用の日焼け止めを愛用している大人の方はたくさんいらっしゃるようです。
今は「大人にも子どもにも使える」というブランドや商品もありますので、親子で使われる方も多いようですね。

大人が子供用の日焼け止めを使用する注意点は、大人用よりもUV効果が低い場合があるということ。
落ちやすくつくられている分、SPFも低いものが多いので、しっかりとUVケアをしたいという方は、大人用ののほうが適しています。
敏感肌で大人用だと肌にトラブルを起こしてしまうという方は、日焼け止め効果が低いことを認識した上で使用したほうがよいでしょう。

また石鹸で落とせるだけあり、汗などでも落ちやすいと思われますので、こまめに塗り直しを行う必要があります。
通常日焼け止めは3時間に1回の感覚で塗り直すほうがよいといわれていますので、子供用を使用している方は、それよりもちょっと短い感覚で塗り直しをすると、子供用でもきちんと日焼け止めの効果が得られると思います。

ミストタイプのUVローション

Filed in UVカットグッズ特集

UVケアグッズは本当にいろいろな種類がありますよね。
だいたい、乳液タイプやスプレータイプがほとんどかと思いますが、ミストタイプのUVローションがあるのをご存知でしょうか?

このUVローションは、SPF50などの協力UVケア製品ではなく、オーガニック成分を使った肌にやさしいUVローションで、SPF効果は20前後しかないようです。
その代わり、肌にとてもやさしいので、いつでもどこでも気軽に使用することができ。クレンジングの必要もないので、忙しい主婦の方や、敏感肌の方にとても重宝されています。

主な利用法として、主婦の方は、家事の合間にシュッシュと手軽に使用することで、洗濯物を干すときのUVケアや、ちょっと玄関の掃き掃除などをするときに役立てているようです。
ミルクタイプのUV製品を塗るのは、かなり手間がかかりますよね。
それでなくても日焼け止めは、3時間に1回の頻度で塗り直さないと効果が無いといわれていますので、毎回塗り直すはとても面倒。

けれど、ミストタイプのローションなら、適当に腕にスプレーして、さっとなじませるだけでUVケアができてしまうのでスピーディー、忙しい方にもってこいです。
気になるつけ直しも、ミストタイプならとっても簡単。
リビングなどの目立つところに置いておいて、気づいたらシュッとミストしている、という方が多い様子。

外に仕事に出かけている方は、出かける前はミルクタイプのSPF50などの協力なUVミルクなどをしっかりと塗って出かけ、つけ直しようにミストを持参しておいて、お昼休みや休憩時間にシュッとミストしてなじませているのだとか。
やはりつけ直しは面倒なので、お直しはミストタイプやスプレータイプが手軽で便利ですよね。

ミストタイプだと、夏場のボディの保湿の役割も果たしてくれるので一石二鳥。
オフィスは乾燥しているので、冬場によく化粧水などをスプレーしている方がいらっしゃいますが、夏場はぜひUVローションで保湿してみてはいかがでしょうか。
オーガニック成分でつくられているので、いくらつけても肌に負担をかけません。

最近は、肌への負担を考えて、クリームタイプの日焼け止めも、BIOの製品を愛用する方が増えている様子。
日焼け止めはそれでなくても肌への負担が大きいので、少しでも負担の少ないものを使用されることをおすすめします。
気軽に使えて保湿もできる、ミストタイプのUVローション。
店頭でミストタイプの日焼け止めを見かけたら、ぜひ試してみてくださいね。インターネット通販もしているようです。

UVカットシート

Filed in UVカットグッズ特集

UVカットシートは、その名の通り紫外線を遮断してくれるシートのことです。
車などのスモークも、UVカット効果があるものがありますが、こちらは自宅の窓ガラスに貼ることで、
紫外線を遮断するというもの。

紫外線はもちろんですが、熱を遮断する効果もあるので、夏場室内が熱で暑くなってしまうことを
予防してくれる上に、冷房の効き具合をよくしてくれます。

そうそう、紫外線というのは、室内だから安心ということではないってご存知でした?
蛍光灯からも紫外線は出ているので、室内でも日焼け止めは必須なんだそうです。

以前百貨店のコスメカウンターにコスメを買いに行った女性が、
フルメイクをお願いしたかったのですっぴんで出かけたところ、

「日焼け止めは塗ってこられましたか?」と聞かれ、
「メイクをしてもらいたかったので何も塗ってこなかったんです」と伝えたら、
「雨でも曇りでも、車でいらしても、日焼け止めだけは絶対に毎日欠かさず塗るように」と
指導されたのだそうです。

少し前までは、今ほど紫外線のケアに関して強くすすめられることは
なかったような気がしますが、今の日本は紫外線予防に驚くほど敏感ですよね。

曇りだと確かに紫外線は弱いので、日焼けなどの心配はありませんが、
数年後にシミが出てきてしまう可能性が非常に高いのです。

若いころのケアが、40代、50代になってからのシミやシワに大きく影響してきますので、
今からしっかりケアしておきましょう。必ずしも高級なコスメでなければいけないということはありません。

ドラッグストアなどで売っている数百円の日焼け止めでも、塗らないよりは全然よいので、
必ず毎日日焼け止めは塗るように習慣化してください。

話はもどってUVシート。
蛍光灯からも紫外線は出ていますが、外から入ってくる紫外線の量よりは断然少ないので、
このUVシートを貼るだけで、室内に入り込んでくる紫外線の量は激減します。
貼るのは少し手間かも知れませんが、剥がすのは意外と楽なので、最初だけ頑張ってみましょう。

シートを張っているときに、どうしても気泡ができてしまうときは、
気泡に針で穴を開けて空気を抜くと、きれいにシートを貼ることができます。

また、シートに付属している場合もありますが、プラスチックのハケで伸ばしながら
貼っていくときれいに貼れますので、用意しておくとよいでしょう。

「外出の予定がないのに日焼け止めを塗るのは、肌を休めるときがなくてちょっと……」と思われる方は、
ぜひこういったUVケアアイテムで紫外線を予防することをおすすめします。

UVカットサングラス

Filed in UVカットグッズ特集

紫外線はいろいろな箇所に悪影響を及ぼします。
目もそのひとつで、目が紫外線を受けてしまうと、視力の低下に繋がる上に、ドライアイなどの原因にもなります。
夏場などの紫外線の強い季節は、UVカットができるサングラスなどを活用するのがおすすめです。

最近販売されているものは、かなりの割合でUVカット加工が施されているので、手軽に紫外線対策ができて助かりますね。
値段的に高くなくてもUVカット加工してあるものはたくさん販売されていますので、ぜひ気軽に利用してみましょう。

海に行くときだけではなく、クルマを運転するときや、街中を歩くときにもぜひ活用してください。
紫外線対策はそのときだけやればいいというものではなく、毎日継続することがとても大切になります。
逆に、日々のケアを怠っていることで、少しずつ体内に紫外線が蓄積されていき、シミやしわの原因となってしまうのです。
なので、紫外線の強い季節だけでも、バッグの中にUVカットサングラスを常備して、いつでもすぐにかけられるようにしておきましょう。

サングラスのUVカットの性能は、そのレンズによって違いがあります。
それは、高いからいい、安いからよくないというものではなく、
レンズのメーカーや種類によっての違いになってきます。
なので、わからないことがあったら、店員さんにいろいろと伺って、できるだけしっかりと紫外線を予防してくれるサングラスを選ぶようにしましょう。
また、サングラスは実際にかけてみないと、どのくらい前が見えるか、とか自分に合っているか、ということがわからないので、きちんと試着をしてから購入するようにしてください。

安いのを購入すると、ケースがついていないものも多いですが、できればケースがついているものを購入することをおすすめします。
バッグの中に入れておくと、プラスチックのレンズの場合、思っている以上に早く傷がついてしまいます。
それに使わないときに保管しておくときに、やはりケースがあると便利です。

ブランドのもののサングラスだと、ケースが妙にがっちりしていて、持ち運びに不向きなものもあります。
もし自宅に手頃なメガネケースがあれば、そういったものを活用するのもよいでしょう。

UVカットサングラスがあると、目の周りのシミの予防もできますので、多方面で役に立ちます。
目をいたわるために、目の周りの肌をカバーするために、ぜひUVカットサングラスを導入してみてはいかがでしょうか。