爪のケアが大切

ジェルネイルを施すにあたり、爪にかなりの負担がかかっています。
正確には、ジェル自体にはそれほど爪に負担をかける成分は使われていないのですが、オフをするときにかなりの負担がかかりますので、爪のケアは日頃から念入りに行わないと、気づいたときには爪が紙のようにペラペラになってしまうということも。
これまでジェルネイルを施しているけれど、あまり爪のケアをして来なかったという方は、さっそく今日から初めてみては?

なぜジェルネイルのオフをするときに爪に負担がかかるのでしょう。
ジェルネイルをオフする際には、アセトンをコットンに浸してジェルを柔らかくしますよね。このアセトン自体が爪をも柔らかくしてしまい、かなりの負担になります。
また、アセトンで浸してもなかなか柔らかくならないジェルの部分は、つい器具を使って剥がしてしまいます。このとき、ジェルといっしょに爪の繊維までもはがしてしまい、爪が薄くなってしまうのです。
月1回程度とはえ、これを繰り返していると、本当に爪が弱ってしまいますので特にセルフネイルをしている方は、オフにはくれぐれも気を配りましょう。
爪が薄い方は、できればセルフネイルではなく、サロンでネイルを施してもらったほうが、爪の健康は保てます。

爪を健康に保つために必要なのは、保湿。
ネイルオイルというのをご存知でしょうか?ネイルオイルを手を洗う度に甘皮に浸透させ、軽くマッサージすることで、爪が丈夫になっていきます。
最初はあまり実感がわかないかもしれませんが、数カ月後、爪が生え変わったときに、しっかりとした爪になっていることを実感できるはずです。
手を洗うたびにつけるのは面倒かもしれませんが、ハンドクリームだと思えば意外とこまめにつけられますし、どうしてもしょっちゅうは無理。という方は、夜寝る前にオイルを塗っておくだけでもかなり違います。
ジェルネイルを施している方は、必ずネイルオイルを活用することをおすすめします。

あと、ジェルネイルはリペアを行うと、剥がれたジェルと爪の間に入った水分が腐食してしまい、爪にカビが生えたような状態になってしまいます。
これを「グリーンネイル」といいますが、こうなってしまうと皮膚科のお世話にならなければならない上に、爪がスッカリ生え変わるまでネイルを施すことができません。
忙しくてなかなかネイルのリペアに行けないという方もいらっしゃるかもしれませんが、ジェルが剥がれてきたなと思ったら、なんとか時間をつくってきちんとリペアしましょう。

意外とこのグリーンネイルになってしまう人は多いようです。
爪が丈夫な人で、多忙な方は、オフだけでも自宅でできるように道具と揃えておけば、少なくともグリーンネイルになってしまうこと自体は避けられるので、ネイルのリペアにいつも1ヶ月以上間が空いてしまうという方は、アセトンだけでも用意しておいてはいかがでしょうか。

その他、マニキュアを塗っている方も、夜寝る前はネイルオイルを塗る、何度も塗りなおしをして、除光液をたくさん使うことは爪にかなりの負担をかけるので、除光液を使うのは1日1回に抑えるなど、ポリッシュ使用の方も、爪をいたわってあげるようにしましょう。