パーティ

ちょっとパーティーという時にどのようなオシャレをすればいいのでしょうか。
ネイルこそがさりげなく、周囲の人たちを魅了するオシャレです。

パーティーなどではさりげない、そして上品さなどが求められています。
地味でもなく、派手でもなくという方法を紹介します。

シンプルネイル

シンプルであることが一番無難です。
出しゃばらず魅力をしっかりアピールして行ってください。

その時このフレンチネイルにも注目をしてください。
シンプルカラーといえば、やはりベージュです。
ネイルを組み合わせるというのでも、ベージュカラーゆえ随分お淑やかに見えます。

爪の根元にラメなど施して、地味というものの実際には全然地味でなかったりします。
これがネイルのしたかな自己主張です。
シンプルという視点より再び華やかさというものを追求して行きます。

大人らしい雰囲気を醸し出す

パーティーで、大人っぽい、上品な女性と思われるのが勝つための方程式です。
そのような女性にネイルより変身しましょう。

逆フレンチは、爪の根元の白くなっているところから指先にかけ、ベースと違う色を塗るデザインのことをいいます。
敢えて色合いを抑えるというモチベーションがとても大人らしい演出として引き立ちます。
そしてまるで大理石のような高級感をネイルで演出することも出来ます。

結婚式アクセサリー

お呼ばれのパーティーだから、新婦より目立ってしまっては駄目ですし、それでいて、自分の魅力もしっかりアピールしたいですし、なかなか難しいです。
アクセサリーはシーンによって使い分けということがとても大事です。

派手過ぎるということをやはり注目しましょう。
昼に式が行われるようであればパール素材を、夜であればラインストーンを合わせるのも方法です。

定番ドレスでも、アクセサリーでメリハリ・アクセントをつけることが出来ます。
ちょっとした工夫で魅力的な、上品な女性を作り出すことが出来ます。

タトゥーを効果的に活かす

パーティーといえどもいろいろな種類があり、がんがんに目立って大丈夫という時は、タトゥーなど施して自己主張をしてください。
タトゥーも私達の社会で断然認知度をアップさせたオシャレです。
おおかたの方々は、しっかりタトゥーを理解して受けて入れくれているはずですが、まだタトゥーがNOという世界も若干存在してるので多少注意をしなければなりません。

婚活パーティーはどうでしょうか。
婚活パーティーレベルではタトゥーは常識としてまだNOのようです。

いかがでしょうか。
ネイルも、タトゥーも取り入れる場合全体としての調和をしっかり考える必要があります。
そして調和こそが、相乗的に衣装がアクセサリーを、アクセサリーが衣装を活かしてくれることになるはずです。