和装

和装という時にどのようなネイルが相応しいのかというとも考えてみましょう。
和装の時においても、ネイルに拘りを持つことで、全体的バランスのいい美しさを実現出来ます。
大事なのは衣装との調和が成り立つことです。

派手過ぎるネイルというのではネイルだけで浮いて見えることになります。
しかし、その時和装よりもネイルを断然目立たせたいというのであれば、方法は間違いではありませんが。
和装がシンプルで調和を持ちたいと言うのなら、ネイルも白系やシルバー系を選択するようにしましょう。

和装にピアスはどうか

慣れない和装などをした場合、やはりどのようなオシャレが可能なのかがとても気になる問題です。
しかしここで考える規準となるものは、和装というものをしっかり二分して捉えることです。

礼装・正装としての和装があります。
そしてデートなどで和装でちょっと魅力をアピールしたいと時があるでしょう。

基本和装にアクセサリーはなしという話しもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。
和装という習慣が定着している時代にはピアスおろか腕時計も存在していなかったので当然のことです。

和装のオシャレといえば、かんざしや櫛が限界だったのです。
しかし時代は変わり、ピアスでオシャレという人たちが増えても当然のことです。

特別の日に着る和装は、ピアスなど小道具でもオシャレが、和装そのものを邪魔にすることになります。
和装は和装の魅力だけで攻め込んで行くべきです。

しかしアクセサリーはつけていけないというルールがある訳ではありませんし、和装に相乗的な効果をアクセサリーが及ぼすという言い方も間違いではありません。

なのでピアスでオシャレは、2つの和装の種類に敢えて分けて考えてください。
NOということではありませんが、式典や社交目的という場合には、ピアスでオシャレは基本はなしです。

ゆらゆら揺れるものなど極力しない方向で攻略してください。
せめて指輪だけでもと考えるかもしれませんが、あまりゴテゴテしているものはおすすめ出来ません。

振袖や留袖には帯留めはしません。
時計もなしが賢明です。

プライベート デートの時

今度はプライベート、デートの和装という時はどうなのでしょうか。
プライベートということなので個人の考え方次第ということになります。

和装との調和のこともしっかり考えて使用するようにしてください。
色、大きさといったものもしっかり考える必要があります。

普段着として和装を考えれば、洋服にピアスを合わせるというのとそれほど大きい違いがある訳ではありません。
しかしここに和のテイストがあり、ピアスは洋のテイストなので、より調和を意識する必要があります。
私達の現代社会は、和と洋のアンバランスさも結構新しく好感が持たれているので、そこまで深く追求する必要もありません。