ウエディング

ウェディングネイルで美を意欲的にアピールしたいと考えるのでしょうが、みなさんの判断が正しいのか今一度ここでチェックしてみましょう。
ネイルって意外と結婚式という場で、目立つものです。

指輪交換、写真撮影、ケーキカットなど、指が主役なのです。
普段ネイルに慣れていない人たちはどのようなネイルかということにかなり戸惑いもあります。

ウェディングネイルの種類

ネイルの種類はおおかたは ジェルネイル スカルプチュア チップ マニキュア・ポリッシュということになります。
この中でも結婚式の定番といえば、ジェルネイルということになります。

結婚式の間に取れるという心配もここは無用です。
よけいなネイルなどつけているとついつい途中でとれて恥をかくのではないかということを警戒している人たちも少なくはありません。
そして結婚式が終わった後、すぐにはネイルを取る必要がないという人たちにおすすめです。

そしてデザインがいろいろあって、自分の個性をしっかりネイルより引き出すことが出来ます。
しかし、これはチップとは違うものなので、結婚式に記念にネイルを残すことが出来ません。

しかし写真で記念に残すというのも方法としてありです。
そして爪の長さを足すということが出来ませんので、爪の長さが足りない、長くして華やかさをより引き立てたいという人たちにはおすすめ出来る方法ではありません。

ジェルネイルは、施術を一時間、または一時間半程度要します。
料金はジェルネイル¥8,000+デザイン¥5,000で、大体13000円前後を見てください。

爪の長さを足したい人たちにおすすめのスカルプチュア

そして長さももうちょっと足して主張したいという人たちには、スカルプチュアという方法をおすすめします。
見た感じスカルプチュアとジェルネイルはそれほど変わるものではありません。

ちょっと私はネイルに自信がないという人たちにもおすすめしたい方法です。
スカルプチュアにもいろいろなデザインがあり、個性をしっかりアピールすることが出来ます。

価格は¥15,000程度です。
これらは、取る時にもネイルサロンへ行く必要があり時間がなく忙しいという人たちにはおすすめ出来る方法ではありません。

つけ外しがとても簡単

つけ外しがとても簡単な方法はチップです。
敢えてネイルという発想も正しい訳ではありません。

マニキュア(ポリッシュ)でも問題ないといえば問題はありません。
マニキュア(ポリッシュ)でも充分魅力的な指を作ることが出来ます。

いかがでしょうか。
いずれにしても、結婚式は一生に一度の儀式と考えるべきです。

そして、出席してくれたゲストの人たちにも、あなたのネイルがまばゆく心に刻み込まれることになるのかもしれません。
こんな小さい小道具が結構重要な意味を持っていたのです。