食べ物で美白になる

Filed in おすすめスキンケア

日焼けしてしまったり、ホワイトニングを意識したいというときには美白用化粧水を使う人が多いかと思いますが、わざわざ高いコスメを購入しなくても、美肌効果のある食材でスペシャルケアをすることで、白い肌を手に入れることができます。

例えば、普段の洗顔に意外なものを加えることで、美白効果が格段にアップするということをご存知でしょうか。
その食材とは、なんと「牛乳」なんです。
いつも使っている洗顔料に、少量のベビーパウダーと混ぜて普段通り洗顔します。
その後、牛乳とベビーパウダーを混ぜてヨーグルトくらいの硬さにしたものを顔に塗ってパックし、10分おいたら洗い流します。
この洗顔を続けることで、ホワイトニング効果が期待できるそうです。

また、食材を用いた手作り化粧水も、美白効果が高いということで定評があります。
ひとつはレモン化粧水で、作り方はとても簡単です。
焼酎とレモン、グリセリンを混ぜるだけでできてしまいます。
どれも添加物を使用していないので安心して使えますし、なんといっても安価なのがポイント。
毎日バシャバシャと気兼ねなく使えるのはうれしいですね。

梅干し化粧水も人気です。
梅干しと日本酒を合わせるだけという超簡単レシピですが、肌がすべすべになるし、美白効果も高いのだそうです。
さっぱりした使用感なので、夏におすすめ。

食べ物を使用した美白パックのレシピもいくつかご紹介したいと思います。
有名なのがヨーグルトパック。
著名人も愛用していることで知られているこのパックは、ヨーグルトとはちみつ、小麦粉を混ぜたもので顔をパックします。
顔色がワントーン明るくなり、しっとりすべすべのお肌になれるそうですよ。

緑茶パックは、粉状の緑茶とコラーゲンパウダー、精製水を混ぜたものでパックをします。
緑茶にはビタミンCが豊富なので、美白効果が高いのもうなずけますね。
このビタミンCですが、前述した食材のレモンや梅干しなどにもたくさん含まれています。
これらの食材をつけたまま日光にあたると、逆に日焼けしやすくなてしまいますので、こうした手づくりコスメを使用した後に外出するときは、UVケアをするのを忘れないようにしてください。

ほかにも美白効果のある食材として、きゅうりや酒粕、米ぬかなどがあります。
これらの食材でパックをすることで、肌がワントーン明るくなり、続けることでどんどん美白効果が高まりますので、ぜひ日常的に取り入れてみましょう。
敏感肌の方も安心して使えるのもポイントです。