子供用日焼け止め

Filed in UVカットグッズ特集

今の日本は、昔よりもかなり紫外線が強くなったといわれています。
そのため、大人はもちろん真夏には子どもの日焼け対策も意識する必要があります。

幸い、最近は子どものスキンケアグッズがとても充実していて、無添加のものや、オーガニック成分でつくられた製品がたくさんあります。
こうしたものを活用して、お子さんの日焼け止め対策を行うことで、大人になってからシミやそばかすがたくさんできてしまうのを防ぐことができるんです。

日焼け止めは、それ自体が肌に負担をかけやすいアイテム。
SPFが強くなればなるほど、日焼け止めの効果は高まりますが、肌への負担も高くなります。
そのため、成分は限りなく安心して使用することができるものを選んだほうがよいようです。

また、日焼け止めは基本的に洗顔では落ちにくく、クレンジングを必要とするものが多いです。
けれどお子さんは日焼け止めを塗っても、クレンジングで落とすということはなかなかできませんよね。
子供用の日焼け止めは、クレンジングをしなくても洗顔で落とせるものがありますので、お子さんに使う場合には子供用を用意するということには、こうした理由もあります。

そんな子供用の日焼け止め、実は大人でも活用できます。
子供用の日焼け止めはアレルギーの子や敏感肌の子にも安心して使えるようにつくられていますので、肌が敏感な大人の女性にも向いているのです。

そして、前述したようにクレンジングではなく石鹸で洗い流すこともできるので、落とすのもとても簡単。
子供用の日焼け止めを愛用している大人の方はたくさんいらっしゃるようです。
今は「大人にも子どもにも使える」というブランドや商品もありますので、親子で使われる方も多いようですね。

大人が子供用の日焼け止めを使用する注意点は、大人用よりもUV効果が低い場合があるということ。
落ちやすくつくられている分、SPFも低いものが多いので、しっかりとUVケアをしたいという方は、大人用ののほうが適しています。
敏感肌で大人用だと肌にトラブルを起こしてしまうという方は、日焼け止め効果が低いことを認識した上で使用したほうがよいでしょう。

また石鹸で落とせるだけあり、汗などでも落ちやすいと思われますので、こまめに塗り直しを行う必要があります。
通常日焼け止めは3時間に1回の感覚で塗り直すほうがよいといわれていますので、子供用を使用している方は、それよりもちょっと短い感覚で塗り直しをすると、子供用でもきちんと日焼け止めの効果が得られると思います。